リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アフリカン・ニュース

<ケニア/マクロ経済>

・ケニア国家統計局(KNBS)によると、6月のインフレ率は5月の6.87%から7.03%に微増。原油価格の上昇やケニア・シリング安が影響。

・ケニア中央銀行(CBK)は6月30日の終値で2011年10月以来となる1米ドル=99.22ケニア・シリングをつけた。外貨収入源である観光業の不振に加え、紅茶や園芸作物の輸出が振るわなかったことで年初からケニア・シリング売りの圧力が継続している。

・KNBSによると、2015年第1四半期の実質GDP成長率は前年同期の4.7%から4.9%に上昇した。建設業の成長率は標準軌鉄道開発事業などの大型インフラ開発が好調で11.3%だった。製造業はタバコ生産や食品加工業の不振で3.5%と前年同期の6.4%から減少した。また、主に沿岸部の不安定な情勢や欧米による渡航警告の発信により、観光業は7.5%減とマイナス成長だった。2015年第1四半期の貿易は、輸入額が前年同期比3%増の3,557億Ksh、輸出額は同2.3%減の1,315億Kshだった。同期間中の貿易赤字は2,241億Kshと前年同期より6.4%拡大した。財務省は2015年の経済成長率を6.5~7%と見込んでいるものの、達成は困難と見込まれる。

・世銀は、毎年7月1日に前年の国民一人当たり総所得(GNI per Capita)をもとに各国の所得分類を改定しており、ケニアはミャンマーやバングラディッシュと並び低中所得国として分類された。ケニアは昨年の9月にGDPの再計算を実施した結果、GNI per Capitaは1,290米ドルとなった。
スポンサーサイト

アフリカン

<紅茶 >

・ケニア紅茶開発機関 (KTDA) とオランダ開発銀行は 、9億 1,160万Kshの協定を締結。56万以上の紅茶小農が所得源を多様化できるよう、信用供与の仕組みを作る。

アフリカン・ニュース

<コーヒー>

・生産性や価格の上昇により2013年10月~2014年9月のコーヒーの輸出額は前年同期比17%増の229億Kshとなった。政府補助の肥料により収穫高は25%増の49,475トンとなった。また、世界のアラビカ種の40%を育てているブラジルの長引く干ばつにより、コーヒーの50kgあたりの平均オークション価格は前年の166.7米ドルから212.7米ドルとなった。新たにトルコ、ブルガリア、セーシェル、ザンビアがコーヒーの仕向け先に加わった。

・Coffee Directorateの統計によると、2013/14のシーズンにおけるコーヒー農家の海外バイヤーへの直接輸出は前年同期の16億Kshから38億Kshに増加した。ケニアのコーヒーの90%はNairobi Coffee Exchange (NCE)を通じて輸出され、残りは農家から海外バイヤーへ直接輸出されている。

アフリカン・ニュース

<紅茶>
・国際価格の下落により、2014年1~10月までの紅茶の売り上げは前年同期比14.3%減の960億Kshだった。紅茶のオークションにおける2014年1~9月までの1kgあたりの紅茶の平均価格は前年同期比19%減の193Kshだった。

・Kenya Tea Development Agency (KTDA)のKanaygo議長によると、4億4,200万Ksh相当の肥料補助金が小規模紅茶農家に拠出された。

<コーヒー>
・Nairobi Coffee Exchange (NCE)によると、直近のオークションにおけるケニア産コーヒーの50kgあたりの平均価格は241.2米ドルと前回の226.2米ドルから上昇。グレードAAとABのプレミアムコーヒーはそれぞれ平均295米ドル、246米ドルで取引された。

・Tanzania Coffee Board (TCB)によると、ニューヨーク市場での価格の下落を受け、先週のオークションにおけるタンザニアのコーヒー(最高級・アラビカ種)の平均価格は前回の201.41米ドルから191米ドルに下落した。

・ケニア農業・畜産・水産省によると、品種改良および栽培面積の増加により今後2年間でコーヒーの収穫量は現在の49,000トンから60,000トンに増加する予定。International Coffee Organizationによると、2013/14年における世界のコーヒーの収穫量のうちケニアは全体の1%に満たない。

・来年2月に開催予定の第12回African Fine Coffees Conferenceにおいて、コーヒー生産量の減少の打開策について、外国人投資家に対する土地のリースが検討される予定。ケニアでは1988年に年間13万トンのコーヒーを生産していたが、現在では5万トンに落ち込んでいる。

アフリカン・ニュース

<紅茶>
・Kenya Tea Development Agency (KTDA)は、2014年7~8月の2カ月間で約7万1,300トンの肥料をロシアから輸入。肥料は2014/2015年度中にKTDA傘下の約56万の小規模紅茶生産者に配分する。

<コーヒー>
・Uganda Coffee Development Authority (UCDA)によると、ウガンダの2014年8月のコーヒー輸出量は前年同月比16%減の26万8,033袋(1袋60kg)。輸出額は3,247万米ドル。輸出単価は1kgあたり2.02米ドル。ウガンダはアフリカ有数のコーヒー輸出国で、生産されるコーヒーの大半はロブスタ種。同国の2013/2014年度の輸出量は329万5,807袋。

プロフィール

Author:日本ケニア協会
ケニアブログへようこそ!
ケニアに関する情報などを楽しく
紹介します。

カテゴリー

openclose

リンク

最近の記事

最近のコメント

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

Copyright © 日本ケニア協会
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。