ケニアレポート(2011.9.23)

ケニアのカイモシで学校建設・運営をされるため、ケニアへ行かれている長田さんからのケニアレポートです!



皆様

台風12号と15号の被害が甚大だったと聞いて心配しています。皆様のところは大丈夫でしたか?

こちらケニアでは雨期が過ぎたと思ったらここ3日雨が急に降らなくなりました。

さてケニアに移住して約1年がたちました。
8月10日に地域の農民たちとNGOを立ち上げました!NGOの名前はHiro’s Organic Farmers’ Group というもので、何と夫の博文の名前の一部がついたものです。ケニアの人たちはそれがいいというので、夫も少し嬉しそうにしていて、そう決まりました。ちゃんとcertificate(認定証)ももらいました。今20人のメンバーがいます。

    NGO on Sep at Caleb

このNGOの目的は①地域に有機農法を広めること ②有機農法でできた収穫物の市場を獲得し、メンバーの収入アップにつなげること ③この地域の貧困克服と必要なインフラ獲得に努力すること(水の確保など) ④孤児など地域の恵まれないこどもたちの福祉向上を目指すことです。

結成以来、4回ミーティングやワークショップを開き、今、世界の人口が急増している中、ここケニアで気候や水に恵まれているこの地で、農業収入を増やし、もっとケニアの食料増産、ひいては世界の食料不足に少しでも貢献しよう。そしてこの貧困地域で食料増産することこそ、収入アップ貧困克服のカギとなる。それには土地を劣化させる化学肥料を手軽だからと使っていては将来の土地までだめになる、ぜひ地域にある牛フンやEM肥料を使って手はかかるが有機農法に取り組もうというものです。
農民たちは大変やる気になってきていて、毎回熱心なディスカッションが行われます。またこの間テレビで紹介されて若い農民は先進的なの体験を紹介しグループの牽引車となっています。

また9月7日から10日間ほど日本の大学生がこの地を訪れ、一緒に農業ボランティアに参加してくれました。地域の人たちと溶け込み、日曜日は教会に連れて行ってもらったり、いろいろな農家を訪問したりして、ひっぱりだこでした。畑で採れた新鮮な野菜にも舌鼓を打ってくれました。

私たちは12月7日から1月17日まで日本に帰ることにしました。またその間にケニア報告会を開いていただけるところがありましたらお知らせください。また1月17日にケニアに帰るときに一緒にケニアを訪問される方を募集いたします。旅行社と相談して日程を組みたいと思います。ぜひ私たちのところへいらしてください!大歓迎です!

長田寿和子
http://www.dhcblog.com/kenya/


ケニアレポート(2011.8.8)

ケニアのカイモシで学校建設・運営をされるため、ケニアへ行かれている長田さんからのケニアレポートです!


皆様
7月29日にケニアに3人のエコツアーの方々と帰り、その方々も帰国され、今ホッと一息ついています。こちらは朝夕は大変涼しく、まだ水も心配なく、帰ってきて畑の手入れをしています。ジャガイモ、メイズ、ニンジンがよく実っています。次の作物も植えにかかるところです。

今回のエコツアー客の一人Yさんから感想が届きました紹介させてください。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
初めてのケニア・カイモシでの生活は、本当に良い体験になりました。
行くまでは、「ケニア」と聞くと、どこか果てしなく遠い場所と感じていましたが、実際、行ってみて、母なる大地に立つと、包まれるような安心感が湧いてきて、とても近くにケニアを感じることが出来ました。

ケニアの空気を吸って、大空を眺め、人と出会い、自然の中で生きることを体験でき、本当に喜びがいっぱいでした。
みんな本当に心温かく、笑顔が絶えない。
行く先々で、人と交わり、挨拶を交わす、日本ではあり得ない風景でした。
こんなに、心豊かに笑顔で、私を受け入れてくれたこと、本当にみなさんに感謝しています。

今回の旅で、現地の問題も知ることができ、これから、自分が何をしたら良いのか、ケニアの文化を継承しながら、先進国の良き技術や知恵をどう活かして行けば良いのかを今、模索しているところです。

この旅で感じたこと、体験したことを、自分の夢に活かせれるようにしたいと思います。

短い間でしたが、本当に良い生活が出来ました。
日本に帰ってからも、常にみなさんのことを思い出して、空を眺めたりしています!!
本当に沢山お世話になりました。ありがとうございました。

       ケニアツアー

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

さて中国新聞の「ひろしま国」という少年少女新聞のコラムにケニアでの私の生活のことが紹介されています。読んでいただければ嬉しいです。
http://www.chugoku-np.co.jp/hiroshima-koku/living/

長田
http://www.dhcblog.com/kenya/

ケニアレポート(2011.7.4)

ケニアのカイモシで学校建設・運営をされるため、ケニアへ行かれている長田さんからのケニアレポートです!
現在、日本に帰国されており、各地で講演会等を行っていらっしゃいます。


みなさま

きのうは神戸元町の県民会館にて、 AALA、JEARN, Knetの皆様方のご協力でケニア報告会を開いていただきました。40名ぐらいの参加で、懐かしい方々とお話ができて大変うれしかったです。

以下の皆様からの感想を載せさせていただきます。本当に企画、ご参加ありがとうございました。

*恵まれた自然の中での国作りが最中にあることがよくわかりました。それにつけても旧宗主国(英国)が長期にわたって、彼らケニアの人たちから搾り取ってきたことが想起されます。ご夫婦が今ケニアの国作りを一緒にされていることがよくわかりました。

*有機農法、学校建設、ケニアカイモシ村でのお二人の夢がかなうことを祈っています。なかなかケニアを訪れる機会は作れませんが自分にできる支援をしていきたいと思っています。日本に留学を希望している青年、これからが楽しみですね。自分の夢をかなえてほしいと思います。

*観光旅行で訪れたのでは得られないお話で、現地で暮らすことの苦労があまり苦労に感じられないのだと伝わってきました。いわゆる「発展途上国」に私たちの「便利」という文化をいかに持ち込むべきなのか、お二人がとても考えていらっしゃるのがよくわかりました。先日の「グッと地球便」で10年間は住まわれると聞いたような気がしますが、10年間の間にきっと素晴らしいものを得られて、そして現地のみなさんに日本人の凛とした優しさを残してこられることと思います。お体にはくれぐれも気をつけて

*ケニア人の自立のための尽力に敬意を表します。教え子の青年たちがお二人の努力に応えてくれるものと確信します。エコツアーに参加して、ケニアの素朴な人々の生活に触れたいと思います。

*とても楽しくお話をうかがいました。頭で考えたようにはいかないと思いますが素晴らしい行動力で直面する問題にぶつかっておられるご夫婦に敬意を表したいと思います。

*貧困の克服と書かれていますが、貧困というのはほんとに難しい問題だと思います。日本にも貧困問題は広がっていて、大変です。地域の自立を目指しておられるように思いますが難しい問題だと思います。体を大切に心も元気にこれからもやってほしいです。

*お元気なお二人に会えてよかったです。もう一度ケニアに行きたいです。たくさんの外国に行きましたがやはり一番印象に残っています。本当に子供のかわいい顔が忘れられません。思っていたこととの違いはあると思いますが、気持ちを強く持って、志を高く掲げてください。

*おかえりなさい。ご夫婦そろって、お元気そうで何よりです。夢いっぱいすることいっぱいでいい人生を送っていらっしゃいますね。ケニアのように原発のない生活のほうが幸せなのかもしれませんね。

*現地で見えて来たことがよくわかり、活動の行く末が見えてきたと思いました。引き続き及ばずながら支援していきたいと思います。植民地時代の遺産がいろいろとケニア社会に影響を及ぼしているのではと思いました。

*商品経済、資本主義的グローバル化の波にさらされているケニアの田舎の人々が社会意識をどのように変化させていくのでしょうか。内在的歴史的発展が遅れているにもかかわらず、外部から強制される変化を今後どのように受容していくのでしょうか。とても心配です。

*いつもいつも応援しています。これからも応援し続けたいです。いつか絶対ケニアのエコツアーに参加できたらと思っております。

*ケニアについて全く知らないような状態でしたので興味深く聞かせていただきました。日本との文化の違いなど私も1年フィリピンのNGOで活動しましたので同じような難しさを経験しました。私に何ができるかはわかりませんが9月にうかがう際はできることには何でも取り組み、たくさん学びを得られればと思っています。

*今日お話を聞いてとてもいいところだなと思いました。また自分に何ができるかということを考える必要を感じました。9月のお世話になりますがよろしくお願いします。微力ながら力になれるよう頑張ります。



*お話ありがとうございます。ケニアでの生活がとてもよくわかりました。今後も帰国するたびに報告会を
開いていただけると嬉しいです。

* ケニア事情面白かったです。最近アフリカ北部の国々で民主化運動がおこりエジプトは何十年も続いた
独裁政権が崩壊しましたね。ケニアはこの点はどうでしょう。私は英語が専門で国際事情は好きなほうで
すがアフリカは知らないことが多いです。人類の出身地、長い間欧米とくにヨーロッパの植民地だったアフ
リカをもっと勉強すべきだと思いました。
お二人ともケニアの人たちに対して献身的とも思われるほど貢献されていることに敬服いたします。

ケニアレポート(2011.5.27)

ケニアのカイモシで学校建設・運営をされるため、ケニアへ行かれている長田さんからのケニアレポートです!
※ 前回と日にちが前後してしまいました。申し訳ありません。

皆様

AALA, JEARN, Knet、新英語教育研究会のおかげで、神戸にてケニア報告会を開催していただくことになりました。ご協力ありがとうございました。

日時:7月3日【日】兵庫県民会館901号室 1時半受付 参加費500円だそうです。
[報告会チラシ] http://www.jk-a.or.jp/data/hyogo_kenyaevent.pdf

6カ月ぶりに皆様にお会いして、プロジェクトの進行状況や日本で考えていたことと現地に来てからの状況の違いなど、お夫とともにお話したいと思っています。ぜひお越しください。

さて明日29日は読売テレビの「グッと地球便で紹介される予定です。私たちは帰ってからDVDで見ることになりますので、また内容など感想を教えていただければありがたいです。

日本ケニア協会様から私たちの地域の貧困克服を目指す女性グループが作ったケニアアクセサリーをウェブサイトで販売していただくことになりました、ケニア紅茶ともども私たちの活動資金の一部にしていただけますので、ぜひご協力お願いします。
SHOP ASANTE 【ねがい国際教育センターと書いてある商品です】
http://www.shop-asante.jp/shopping/others.html

最近この地に一番合う野菜は大根だとわかりましたが、ケニア人は大根になじみがありません。、、さて大根物語、ぜひこちらも読んでください。
http://www.dhcblog.com/kenya/

長田寿和子

ケニアレポート(2011.6.4)

ケニアのカイモシで学校建設・運営をされるため、ケニアへ行かれている長田さんからのケニアレポートです!


皆様

よみうりテレビ「グっと地球便」のご感想をたくさんお寄せくださって、ありがとうございました。
私たちはまだ見ていないので、皆様のご感想を読みながらあの場面かなあと想像をふくらませております。またこちらのウェブサイトにディレクターの高柳様のこぼれ話が載せてありまぜひご覧ください。うちのゲストハウスの一室も映っています。またバイクの3人乗りも映ってます。

http://www.ytv.co.jp/chikyubin/director/index.html

ところでケニア・カイモシへのエコツアーJEPSア社から旅行日程を発表していただきました。
今回もわたしたちがケニアへ戻る日と日程を合わせていますので、添乗員は尽きませんが、往路はご一緒します。
こちらのウェブサイトをご覧ください。

http://www.jeps.co.jp/africa/kenya_life.html

「ケニアの自然エコ村体験ツアー」という名前で7月28日夜発、8月5日帰国の1週間で252,000円(燃油サーチャージ別)の予定ですが、マサイマラなどの自然公園を希望される場合は別途、追加可能だそうです。その場合はいってください。こちらで連絡可能です。

カイモシは1700mの高地で、赤道直下ですが、世界一気候がいいところです。年中冷暖房なしで快適に過ごせます。蚊もほとんどいなくて、朝夕のすがすがしさは抜群です。また夜は満天の星や蛍が見れます。素朴なケニアの人たちは人懐こく、皆様が来られるのを楽しみにしています。また皆様が来られることでケニアの人たちの雇用を増やすことができます。
ケニアの人たちのエンパワーのためにも、ぜひよろしくお願いします。

申しこみは私のほうへまず連絡をお願いします。そのあとJEPS 社へつなげます。

長田

プロフィール

日本ケニア協会

Author:日本ケニア協会
ケニアブログへようこそ!
ケニアに関する情報などを楽しく
紹介します。

カテゴリー

openclose

リンク

最近の記事

最近のコメント

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

Copyright © 日本ケニア協会