スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【PB ボランティア募集】 カフェ・パコのお手伝いしてくれませんか?

ピースビルダーズさんからのご案内をご紹介いたします。

--------------------------------------------------------------
会員 及び ボランティアの皆様

8月下旬ともなるのにこの暑さ、皆様いかがお過ごしでしょうか?
さて9月にはカフェ・パコも秋モードにディスプレイを替えたり、秋向けメニューをつくったり、本のイベントなど色々と盛り上がっています。

そこで、カフェでボランティアをしてくださる方を大募集します!通常のカフェのボランティアさんに加え、カフェは初めてという方にもお手伝いいただけると幸いです!

基本的にお暇な時にはいつお越しいただいてもOKですが、もしも既にカフェ・パコの日が決まるのであれば、お分かりの範囲で来店可能な日をお知らせいただけませんか?

PCアドレスをお知らせいただいている方には、添付にエクセルファイルに直接記入していただいて構いません。携帯電話でご登録の方は、日付、または第○曜日ということでお知らせください。もちろん、後から変更されても大丈夫なので、?の所も教えていて下されば問題ありません。

秋のカフェ・パコ企画を、みんなで盛りあげていきましょう!
どうぞ宜しくお願いします。

*************************
特定非営利活動法人ピースビルダーズ
今村沙絵
Tel:082-247-0645
Fax:082-2247-0643
http://www.peacebuilders.jp/index.html
mailto:imamura@peacebuilders.jp
スポンサーサイト

エコツアー・ケニアのパラダイス

以前もご紹介しました神戸に住んでいらっしゃる長田さんが、ケニアに学校を建設し、運営されるため、9月よりケニアへ出発されます。そんな長田さんのケニアツアー第2弾をご紹介します!ツアーは年に何度か行われるそうですが、個々に受付することもできるそうなのでぜひ、お問合せ下さい。

期間 : 2011年1月4日(火)~12日(水) 
旅行先 : ケニア・カイモシ(キスム空港から車で1時間の西ケニア)
内容 : 学校や農家を訪問し、現地の方と交流することが主体となります。
         (詳細は下記URLをご覧下さい)
締め切り : 2010年8月30日(月)
お問合せ : 長田寿和子さん
          E-mail nerudasuwa@yahoo.co.jp

長田さんは9月よりケニアへ出発されます。個々でツアーをお考えの方については、NPO法人日本ケニア協会 事務局までお問合せいただくことも可能です。長田さんとの連絡等、対応についてご協力させていただきます。

NPO法人日本ケニア協会 事務局
TEL 082-921-5531
E-mail Kenya@labotec.co.jp

□「エコツアー・ケニアのパラダイス」の詳細はこちら□
http://www.labotec.co.jp/jka/img/eco_tour2.pdf

□長田さんの「KENYA SCHOOL PROJECT」□
http://www2.jearn.jp/fs/407/japanese/j_index.html

(*日本ケニア協会メルマガより)

Open!アマゾン・カフェ横川

「熱帯森林保護団体ひろしま」さんからのご案内です。

ボディ・ペインティングと羽飾りで 写真撮ろ~♪
ボディペイントで、街を闊歩
ボディペイントで、スポーツ観戦!

とき:8月22日(日)13:00~17:00

Part 1: 13:30~15:00
「アマゾンインディオのボディ・ペインティング」DVD上映

Part 2: 15:00~17:00
「ワークショップ」

***フリー交流***
フェアトレードの話
新作クッキーの素材当てクイズ

ところ:カラフルステッチ1階 広島市西区横川町2丁目4-15(本通り商店街内)

参加費:500円(飲物・焼き菓子付)
協力:みうたさん
*カフェの収益は「アマゾン基金ひろしま」に入ります。

第一回は、38名のご参加で、クッキー・コーヒーや物品の販売等により8321円、の収益を「アマゾン基金ひろしま」に寄付させて頂くことができました。心からお礼申し上げます。

お問い合わせ
☆カラフルステッチさん
Tel: 082-233-0770

☆主催:RFJひろしま (コーヒー部 松生)
Tel: 207-2140/携帯:090-2806-0276 Email: rfjh@eeknow.jp 

「Because I am a Girl.」 が本になりました!

プラン・ジャパンが、「Because I am a Girl 途上国の女の子に笑顔を!」キャンペーンを通じて発信し続けているメッセージが、本になって登場します。タイトルは、「貧しい国で女の子として生きるということ 開発途上国からの5つの物語」プランのメッセージに共感した遊タイム出版による、編集・発行です。
-------------------------------------------------------------
「貧しい国で女の子として生きるということ 開発途上国からの5つの物語」
編: 遊タイム出版
編集協力: プラン・ジャパン
体裁: B6判 112ページ 巻頭の16ページまでカラー

※本書は、Because I am a Girl キャンペーンの主旨に共感した遊タイム出版による編集・制作です。プランによる自費出版ではありません。
-------------------------------------------------------------
内容は、インド、リベリア、ネパール、ボリビア、セネガルの5人の女の子の日常を綴ったストーリーと、女の子たちのイメージ写真が中心。「早すぎる結婚」「人身売買」「少女兵」など、彼女たちが直面する過酷な現実が浮き彫りにされています。また、途上国の女の子の現状が分かるデータや、著名人による女の子にまつわる名言集などもあわせてご紹介しています。

売り上げの一部が、遊タイム出版からプラン・ジャパンに寄付され、途上国の女の子のためのプロジェクトに充てられます。インターネット通販サイトでも購入いただけます。

(*プラン・ジャパン広報誌より抜粋)

「ケチャップ」は英語じゃなくて中国語!?

フライドポテトやホットドッグを食べるときに欠かせない「ケチャップ」。実は英語じゃなかったんです!!「ケチャップ」の語源についてはいくつかの説がありますが、一番有力だと思われる説をご紹介します。

「ケチャップ」は元々、中国の広東語の「キッチャプ」(魚ソース)から来たそうです。「キッチャプ」は小魚に塩を加え、発酵させた魚醤と香辛料を混ぜて作った魚ソースです。そして18世紀初めに「キッチャプ」がマレーシアに伝わっていきました。マレーシアに着いたら「キッチャプ」が料理用の調味料より、食卓用の調味料に使われるようになり、さらにイギリスの探検家によりイギリスに持ち帰られました。イギリス人が「キッチャプ」をクルミとマッシュルームをベースにして、「キャッツアップ」と名づけ新しいソースを作りました。そして1740年代に「キャッツアップ」が既にイギリスで普及し使われるようになりました。

それからイギリスの植民地であったアメリカが「キャッツアップ」のレシピにトマトを加え、今の「ケチャップ」になりました。なので、「ケチャップ」は元々英語ではなく、中国が語源だったのです!

(*廿日市市国際交流協会広報誌8月号より抜粋)

プロフィール

日本ケニア協会

Author:日本ケニア協会
ケニアブログへようこそ!
ケニアに関する情報などを楽しく
紹介します。

カテゴリー

openclose

リンク

最近の記事

最近のコメント

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

Copyright © 日本ケニア協会
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。