ケニアレポート(2011.4.26)

ケニアのカイモシで学校建設・運営をされるため、ケニアへ行かれている長田さんからのケニアレポートです!

長田@Kaimosi、ケニアです。

ご無沙汰しました。
3月11日の東北大震災に始まって、その後の津波、福島原発の放射能漏れと日本では大変なことが続いていますね。被災された方々には心よりお見舞い申し上げます。

さてケニアでもつい1週間前までは干ばつで、水に困る毎日でしたが、つい最近やっと雨期に入って、雨水が十分になってきて、水の心配から解放されてきました。

こちらに来て、7カ月目に入り、プロジェクトもポレポレ(スワヒリ語でゆっくりゆっくり)進行しつつあります。

日本語教室は第1期生が卒業し、その中の一人は日本の国費留学の試験を6月に控えています。その他の卒業生も大学進学を目指しているので、進学費用を一部補助しました。

夫は有機農法を成功させたいと土作りに励んでいます。有機肥料のワークショッ
プも5回ほど実行し、少しづつ周りに広がって行っています。何より周りの農家に
やる気が出てきて、農業でも稼げるんだという雰囲気が出てきています。

詳しくは添付したファイルにのせているので読んでください。

6月15日に日本に帰ります。それから7月15日から24日まで台湾で行われるアイア
ーン国際会議に出席し、7月29日にケニアに戻る予定です。7月29日に戻るときに
またエコツアーの参加者を募ります。また詳しことはお知らせします。

さて4月13日から18日まで読売テレビの(ぐっと地球便」の取材が入りました。放
送日は6月中旬ごろです、これも詳しくはまたお知らせします。

日本に戻る6月中旬から7月中旬までケニア報告会がを開いてくださる所がありま
したらお知らせください。

皆様のところは大丈夫でしたか。夫は日本に帰ったら東北に救援に行きたいとい
っています。その方面の情報も教えていただければありがたいです。

長田寿和子

仙台フィルメンバーによる震災復興チャリティコンサート

広島経済大学 興動館さんからのご案内です。

東日本大震災の被災地より、仙台フィルハーモニー管弦楽団のメンバーである「Orchla(オケラ)仙台フィル木管五重奏」を広島に招き、被災地復興を支援するためのチャリティーコンサートを開催します。被災地に再び希望の灯をともすべく、皆様の温かいご支援をお願いいたします。

日 時  2011年5月14日(土) 開場 15:30 開演 16:00
場 所  広島市南区民文化センター ホール
      (住所;広島市南区比治山本町16-27 広島産業文化センター2階)
入場料  一般 2,000円/学生(小学生から大学生まで)1,000円 全席自由
※ このコンサートの入場料は、全額「音楽の力による復興センター」に寄付され、
被災地に音楽を届けるための活動に使われます。

主催;広島経済大学
共催;音楽の力による復興センター
後援;公益財団法人仙台フィルハーモニー管弦楽団
協賛;公益社団法人広島交響楽協会

【チケット・お問合せ】
広島経済大学 興動館  ※土日祝日は休館です。
 電話;082-832-5010  FAX;082-832-5011
 E-mail;sendai@hue.ac.jp
□「仙台フィルメンバーによる震災復興チャリティコンサート」のチラシはこちら □
http://www.jk-a.or.jp/data/sendai_charity_concert.pdf
□ 広島経済大学 興動館 □
http://www.hue.ac.jp/koudoukan/

(*日本ケニア協会メルマガNo.120より)

サカキマンゴーの親指帝国ツアー 

当協会の会員の方より情報をいただきました!
チラシを数枚お預かりしています。ご希望の方は事務局までお問合せ下さい!

タンザニアやコンゴをはじめ、東・中央アフリカで演奏される親指ピアノで、日本、はたまた世界で活躍するマンゴーさんのライブは、とってもエキサイティング!!さらに、ワークショップも兼ねているので勉強にもなります!皆さんも、ぜひお越し下さい!

日 時  2011年5月13日(金) open 18:30 start 19:30
場 所  広島 OTIS!(住所;広島市中区加古町1-20/TEL;082-249-3885)
チケット 予約 2,000円/当日 2,500円

【サカキマンゴーさんのプロフィール】
アフリカの楽器・親指ピアノの可能性を日本から更新する「親指ピアニスト」。各地の伝統的な演奏スタイルをふまえつつ、テクノもパンクもファンクも音響派も通過した現代日本人ならではの表現で、アフリカの音楽フェスにも出演。タンザニアの人間国宝、故・フクウェ・ザウォセに師事。大阪外国語大学にてアフリカ地域文化とスワヒリ語を専攻、ゴゴ民族の伝統音楽と楽器の音色について研究した。コンゴ民主共和国の電気リケンベや、ジンバブエのムビラ、マラウィのカリンバを調査するなど、定期的に親指ピアノ関連のフィールド・ワークを続けている。単行本「親指ピアノ道場!-アフリカの小さな楽器でひまつぶしー」(ヤマハミュージックメディア)も発売中。

■ 「サカキマンゴーの親指帝国ツアー」のチラシはこちら ■
http://www.jk-a.or.jp/data/sakakimamgo_tour.pdf
■ 広島 OTIS! ■
http://homepage2.nifty.com/live-otis/
■ サカキマンゴー ■
http://sakakimango.com/

(*日本ケニア協会メルマガNo.120より)

5月フェアトレード月間キャンペーン 「つなげよう、フェアトレードの輪」

「Fairtrade Label News」より
--------------------------------------------------------------
昨年から企画、準備をしてきた昨年から企画してきた2011年のキャンペーン。震災により今なお大勢の人々が困難な状況に直面しているなか、今年は見送るべきかと悩みましたが、自ら被災され厳しい状況にいらっしゃる協力企業や団体の方々に逆に励まされ、共にフェアトレードの輪をつなげていこうと応援していただき実施することを決断しました。このキャンペーンを通して世界の生産者と日本の人々とをつなぎ、被災地域の方々を少しでも応援することができればと思っています。

5月12日(木)に東京・新宿、5月21日(土)に大阪でそれぞれFLJ主催でイベントを開催します。また5月1日~31日までの1ヶ月間、日本各地で開催されるさまざまなイベントに参加してフェアトレードを身近に体験してみてください。

キャンペーンに関する呼びかけ文はこちら:
http://www.fairtrade-jp.org/whats_new/000169.html

2011フェアトレード月間キャンペーン「つなげよう、フェアトレードの輪」
http://www.fairtrade-action.jp/

東日本大震災から1カ月 ~子どもたちの日常生活を取り戻すために~

プラン・ジャパンからのご案内です。
---------------------------------------------------------------

東日本大震災から、今日で1カ月経ちましたが、被災地での厳しい状況はまだまだ続いています。

プラン・ジャパンは、被災地の子どもたちが1日でも早く日常生活を取り戻せるように、現在は学校再開に向けた支援を準備しています。宮城県教育庁や他のNGOと調整しながら、プラン・ジャパンは、多賀城市、松島町およびその周辺で、被災した小学生を対象に学用品セットなどを配布します。

学校で友だちに会ったり、授業を受けたり、給食を食べたり…そんな日常生活が戻ることは、子どもたちの心のケアにとっても大きな前進となるはずです。さらに、避難所を中心とする子どもの遊び場、子どもたちの心のケアに最前線で取り組む教員や保護者に対するサポートも強化していきます。

最新の活動報告は下記URLからご覧ください。皆さまからの温かいご支援をお願いいたします。http://www.plan-japan.org/topics/news/110315jishin/

●クレジッドカードで寄付
 https://www.plan-japan.org/paonline/urgent.php?init=new

●銀行からの振込み
 三菱東京UFJ銀行 麹町中央支店 普通 4611706
 三井住友銀行 麹町支店 普通 797880
 みずほ銀行 麹町支店 普通 1305197

※ATMの場合はお名前、お持ちの方はSP/INQ番号、「G49」の以上3点を
 ご入力ください。
※初めてご寄付いただく方はご住所も合わせてご記入ください。
 記載のない場合、領収証明書やプロジェクト報告書が発行できません。
※振込手数料は振込人のご負担となりますことをご了承ください。

●ゆうちょ銀行からの振込み
振込先 : 公益財団法人プラン・ジャパン 
ザイ)プラン・ジャパン

口座番号 00120-0-616745
他行からの振込の場合は下記口座へお願いします。
当座口座 019店 0616745

プロフィール

日本ケニア協会

Author:日本ケニア協会
ケニアブログへようこそ!
ケニアに関する情報などを楽しく
紹介します。

カテゴリー

openclose

リンク

最近の記事

最近のコメント

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

Copyright © 日本ケニア協会