スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マラバ新豆入荷のお知らせ

ピースビルダーズさんからのお知らせをご案内します。

清々しい風とともに、早くも初夏のような季節となってまいりました。
みなさま、いかがお過ごしでしょうか?
さて。毎年、この時期恒例のお知らせです。
海の向こうのルワンダから、マラバが到着しました!
今年とれたばかりの新豆です。
そこで、フェアトレードカフェ・パコでは、下のとおり、カフェ営業を再開します。

期間:5月7日(月)~5月25日(金)
営業時間:午前10時から午後6時30分まで
休日:土日祝祭日

平和大通りの新緑も心地よいパコで、ごゆっくりとお過ごしください!
また、パコ営業にあわせてパコをお手伝いくださるボランティアさんも募集しています!

 ピースビルダーズ/カフェ・パコ
 スタッフ一同
スポンサーサイト

アフリカン・ニュース

<ケニア・マクロ経済>

・財務省によると、2010年8月に公布された新憲法履行やソマリア進攻、総選挙実施にかかる莫大な費用が2012年のケニア経済の成長阻害要因となる可能性がある。2012年の成長率は5.5%程度と予測されている。

・ケニア国家統計局は、2012年2月のインフレ率を16.69%と発表。2011年11月に19.72%を記録して以降、12月は18.93%、2012年1月は18.31%と、インフレ率は徐々に低下。

・財務省は、ケニアの2011年の実質GDP成長率は4.5%になる見込みと発表(2010年は5.6%)。政府の当初予測は5.1%だった。干ばつ、燃料価格高騰、ケニア・シリングの為替安が成長鈍化の要因。2012年の成長率は5.3%を見込む。

・ケニア中央銀行(CBK)が2012年2月に行った調査によると、国内の64%の銀行と58%の民間企業は2012年のケニアの経済成長率を5%以上と見込む。2011年12月の同様の調査では、74.8%の銀行と74%の企業は4.5~5%の成長を見込んでおり、見通しが改善。

・Economist Intelligence Unit(EIU)が実施した世界の都市の競争力調査によると、ナイロビの競争力は120都市中115位。アフリカではヨハネスブルク、ケープタウン、ダーバン、カイロに次いで5番目。人的資本の項目では50位にランクイン。

・米国国際貿易委員会(US International Trade Commission)によると、2011年のケニアから米国への輸出額は316億Kshと、前年の285億Kshから増加。花卉、果実、野菜などの農産品とテキスタイル製品の輸出が好調。関税免除や数量制限緩和を定めた米国のアフリカ成長機会法(AGOA)も同国への輸出を促進。

・ケニア国家統計局は、2012年3月のインフレ率を15.61%と発表。2月の16.69%から1.08%低下。

アフリカン・ニュース

<観光>

・ケニア観光省は、欧州危機やAl-Shabaabの活動などによる治安悪化への懸念から、2012年における観光産業の収入は前年を下回ると予測。同国の2011年の観光収入は約11億9,000万米ドル。

・英国の旅行代理店Hayes & Jarvisの調査によると、ケニア旅行の予約客は過去1年間で58%減少。海賊問題や過激派によるテロなど、治安上の不安が影響。

・Serena Hotelを保有するTPS Eastern Africaは、2011年の純利益を前年比19.3%増の6億1,500万Kshと発表。タンザニア事業が好調。

アフリカン・ニュース

<コーヒー>

・Uganda Coffee Development Authority(UCDA)は、2011年2月~2012年1月のコーヒー輸出量を前年比5.24%増の315万袋、輸出額を同12.43%増の4億7,000万米ドルと発表。ロブスタ種の輸出量は246万袋、アラビカ種の輸出量は69万袋。

・Tanzania Coffee Board(TCB)によると、2011/2012年度のシーズン(6~4月)におけるコーヒー生産量予測を、当初の4万5,000トンから3万5,000トンに下方修正。前年度の生産量は5万6,247トン。

アフリカン・ニュース

<紅茶>

・モンバサ・オークションにおける2012年2月の紅茶販売量は45万2,710パックと、前年同月の44万6,022パックから増加。1kgあたりの価格は2.65米ドルと、前年同月の2.77米ドルから4%低下。

・Iriaini紅茶工場(ケニア)とMarks and Spencer(英国)による付加価値創出プロジェクトで、Iriaini工場で生産された紅茶の英国での販売が開始。同プロジェクトはEUから700万Kshの支援を受けたパイロットプロジェクトで、成果が上がれば他の工場にも導入される予定。

プロフィール

Author:日本ケニア協会
ケニアブログへようこそ!
ケニアに関する情報などを楽しく
紹介します。

カテゴリー

openclose

リンク

最近の記事

最近のコメント

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

Copyright © 日本ケニア協会
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。