スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アフリカン・ニュース

<ケニアコーヒー>

ケニア農業省は、2012年のコーヒー輸出額は、前年の約220億Kshから240~260億Ksh程度に増加すると見込む。

前年は220億Kshのうち190億KshがNairobi Coffee Exchangeのオークションを通じて販売された。

生産量は前年の4万663トンから5万~5万5,000トン程度に増加する見込み。
スポンサーサイト

アフリカン・ニュース

<ケニア紅茶>

Kenya Tea Development Agency(KTDA)は、2011年7月~2012年6月における紅茶生産者に対する生産者価格を610億Kshと発表。

前年度は382億Ksh、前々年度は254億Kshだった。紅茶の国際価格上昇とケニア・シリングの為替安で輸出額が増加した影響。

KTDAはケニア全国に65カ所の紅茶加工工場を保有。国内56万以上の小規模農家がケニア産紅茶の約60%を生産している。

Raise Your Hand ~ プランジャパンからのご案内

Raise Your Handとは、世界の女の子の教育とエンパワーメントのために、私たちの手を上げる姿を通して国際社会に働きかける参加型アクションです。世界中で400万人の参加者を集め、国連事務総長や国際社会のリーダーたちに女の子の教育環境の整備を働きかけます。

世界では18歳未満の女の子のうち7500万人が、今でも女の子であるという理由で学校に通うことができずにいます。しかし、もし女の子が教育を受けることができれば、早すぎる結婚・妊娠を減らし、女の子が自らの人生を切り拓いていくことができるようになります。社会的にも、女の子が教育を1年多く受けるだけで、生涯の所得は10%~20%向上し、家庭や地域社会、そして国の発展に大きく貢献できる可能性があると報告されています。

世界中の女の子が教室で元気良く手を上げる日が実現するように、あなたも、
Raise Your Handに参加して、手を上げませんか。

http://www.plan-japan.org/girl/special/ryh/

◇ヒロシマ・ナガサキの被爆体験を語る~ご案内

【日 時】 9月22日(土)~23日(日)10:00~17:00
【会 場】 東京ジャーミィ(イスラム教モスク)
      渋谷区大山町1-19(小田急線代々木上原下車)
【内 容】
 ◎「原爆パネル」の展示10:00~17:00 二日間展示
   日本原水爆被害者団体が、新しく作成した被爆の実相を
   伝えるパネル30枚
 ◎ 「ヒロシマ アーカイブ」「ナガサキ アーカイブ」閲覧
   パソコン上の被爆した場所に被爆者の顔写真が掲載されています。
   その顔写真をクリックすると本人のメッセージが現れます。
 ◎ 東日本大震災の被災者の手記販売。
   売上金は子どもの甲状腺検査のために当てます。
 ◎9月22日(土)14;00~15:00 
  被爆者が体験を話す「証言」 山中武子さん 
  14歳の女学生の時、学徒動員中広島三菱重工で被爆
 ◎9月23日(日)14;00~15:00 
  「はだしのゲンが伝えたいこと」
  漫画家・中沢啓治自身の生い立ち、
  広島での被爆体験をDVDで上映(32分) 
  監督・石田優子のスピーチ
 ◎9月23日(日)15:00~15:30
  「ミューズの里」中村里美さん・伊藤茂利さんによる歌と演奏
  広島の被爆樹を曲に「アオギリに託して」など 
  1000回開催を目指すコンサートと併せ、アオギリ2世の苗を
  カネギーホールなど国内外に植樹中 
  8月6日「アオギリに託して」の映画化でクランクイン
 
【主 催】東京ジャーミィで被爆の実相を聞く
    「証言」と「原爆展」実行委員会 
【問合せ】上田紘治 E-mail:ueda@link.nir.jp

プラン・ジャパン最新情報

================================
アフリカ3カ国洪水緊急支援にご寄付をお願いします!(8/27-11/30)
================================

◆◆このメールをぜひ転送し、多くの方にご協力を呼びかけてください◆◆

雨季をむかえたアフリカでは、例年以上の大雨に見舞われる国も多く、
特にスーダン、ニジェール、マリでは8月上旬に降った雨により、
相次いで洪水が発生し、3カ国で9万人を超える人々が被災しました。

家を失った人々は、親戚の家に身を寄せたり、屋外での生活を強いられています。
もともとインフラや行政サービスが脆弱なため、状況回復に時間がかかり、
さらなる衛生環境の悪化をまねいています。特に食糧危機に見舞われている
ニジェールでは、農作物や家畜が流され、来年の収穫も危ぶまれます。

プランはこの3カ国で活動地域を中心に被災者への緊急支援を実施中。
この活動に対する皆さまからのご寄付の受付を開始しました。

【主な支援活動】
・穀物や油、ミルク、ビスケット等の食糧や飲料水の支給
・蚊帳、ビニールシート、毛布、防水シート、ロープなどの配布
・教材支給と仮設教室の設置
・給水施設の修繕
・殺虫剤散布を含む衛生キャンペーンの実施

■スポンサーの皆さま
被災地域には、一部チャイルドが暮らす地域も含まれます。
チャイルド個人に大きな影響等が発生した場合は、個別にご連絡を差し上げます。
皆さまのご支援をよろしくお願いいたします。

◆寄付方法
http://www.plan-japan.org/kifu/

◆アフリカ3カ国洪水緊急支援の最新情報
http://www.plan-japan.org/topics/news/120827afri/

プロフィール

Author:日本ケニア協会
ケニアブログへようこそ!
ケニアに関する情報などを楽しく
紹介します。

カテゴリー

openclose

リンク

最近の記事

最近のコメント

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

Copyright © 日本ケニア協会
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。