アフリカン・ニュース

<紅茶>
・国際価格の下落により、2014年1~10月までの紅茶の売り上げは前年同期比14.3%減の960億Kshだった。紅茶のオークションにおける2014年1~9月までの1kgあたりの紅茶の平均価格は前年同期比19%減の193Kshだった。

・Kenya Tea Development Agency (KTDA)のKanaygo議長によると、4億4,200万Ksh相当の肥料補助金が小規模紅茶農家に拠出された。

<コーヒー>
・Nairobi Coffee Exchange (NCE)によると、直近のオークションにおけるケニア産コーヒーの50kgあたりの平均価格は241.2米ドルと前回の226.2米ドルから上昇。グレードAAとABのプレミアムコーヒーはそれぞれ平均295米ドル、246米ドルで取引された。

・Tanzania Coffee Board (TCB)によると、ニューヨーク市場での価格の下落を受け、先週のオークションにおけるタンザニアのコーヒー(最高級・アラビカ種)の平均価格は前回の201.41米ドルから191米ドルに下落した。

・ケニア農業・畜産・水産省によると、品種改良および栽培面積の増加により今後2年間でコーヒーの収穫量は現在の49,000トンから60,000トンに増加する予定。International Coffee Organizationによると、2013/14年における世界のコーヒーの収穫量のうちケニアは全体の1%に満たない。

・来年2月に開催予定の第12回African Fine Coffees Conferenceにおいて、コーヒー生産量の減少の打開策について、外国人投資家に対する土地のリースが検討される予定。ケニアでは1988年に年間13万トンのコーヒーを生産していたが、現在では5万トンに落ち込んでいる。

プロフィール

日本ケニア協会

Author:日本ケニア協会
ケニアブログへようこそ!
ケニアに関する情報などを楽しく
紹介します。

カテゴリー

openclose

リンク

最近の記事

最近のコメント

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

Copyright © 日本ケニア協会